2013年は9〜12月でクワタカレッジシニアコースに参加してきました。桑田先生は、歯科技工士で、メタルセラミクスを開発した功績があります。また、ナソロジー(咬合学)全盛期のアメリカで、当時歯科の巨人達の補綴物を製作し、一緒に口腔内を診ていた桑田先生のお言葉はとても重みのあるものです。アメリカの学会ではご講演が終わるとスタンディングオーベーションになる事もしばしば。
そんな桑田先生に、咬合学、メタルセラミクスの製作法を伝授して頂いてきました。

ページの先頭へ

DSC_3847.JPG

セラミクス築成のデモをしながら説明をしています。

DSC_3893.JPG

メガキラキラしています。

とにかくそのパワー、情熱に圧倒されっぱなしでした。

DSC_3885.JPG

みんな真剣です

桑田先生の手元、皆が凝視しています。

DSC_3831.JPG

昔の焼成釜(ポーセレンファーネス)

当時、これを使用したいたそうです。

DSC_3918.JPG

語りだしたら止まりません

極上の時間でした。

IMG_2285.JPG

終了証授与

コースが終わってしまうのが惜しかったです。

IMG_1525.JPG

黒板に書きながらの講義

とても分かりやすい講義でした

IMG_1816.JPG

身振り手振り

また聴講に伺いたいです。

ページの先頭へ